本当に効果のあるAGA治療とは!?
本当に効果のあるAGA治療とは!?

そもそもAGAのしくみは

薄毛AGAとは男性型脱毛症のことです。
成人男性によく見られる薄毛の症状であり、男性ホルモンによる影響を受けて症状が引き起こされますので若い世代でも発症します。
AGAの症状の現れ方としては、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。
どちらか一方の場合もあれば両方の場合もあり、遺伝的な要因が深く関わっていることでも広く知られています。
遺伝的な要因が絡んでいるとなると何をしても進行を食い止めることはできないのだと何もせずに諦めてしまう人も多いのですが、実際に症状につながっている要因の多くは後天的なものだとも言われています。

AGAは進行します。
進行のパターンには複数あり、頭頂部から薄くなっていく場合や生え際から薄くなっていく場合、前頭部全体が薄くなっていく場合などがあります。
どこから薄毛が発生しても、この男性型脱毛症ではヘアサイクルに異変が生じています。
成長期が短くなると抜け落ちる髪の毛と生えてくる髪の毛のバランスが悪くなりますので、どんどんボリュームは無くなっていきます。
また、成長期が短くなるとしっかりとした丈夫な髪の毛に育つことができませんので、抜け落ちた髪の毛が細くて弱々しい状態のものが多くなります。

AGAの症状は急激に悪化していくようなことはほとんどありません。
ゆっくりと進行していきますので、毎日見ているとその小さな変化を見過ごしてしまうことがあります。
また、原因が男性ホルモンや遺伝ということでどちらも自分では把握しにくいものであり、特に遺伝が原因なら対処のしようがないと考えてしまいますが、AGAになったらできるだけ早急に対処することが重要です。

男性型脱毛症の根本的な原因は男性ホルモンによる影響を受けやすい体質や遺伝的な要素を強く持っているためというのは間違いありませんが、後天的な要因も見逃せないポイントです。
ホルモンバランスは日頃の生活の仕方によってたやすく乱れてしまいますので、生活習慣による影響が強く出てAGAになることもあります。

AGAの大元の原因をたどっていくと、ジヒドロテストステロンという物質に行き着きます。
このジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種なのですが、これが男性型脱毛症を引き起こす要因になっていますので、原因を追及する際にはこの物質の働きをチェックする必要があります。
これはとても強力な男性ホルモンの一種であり、テストステロンのうちは悪さをしません。

AGAの原因物質、ジヒドロテストステロン

男性型脱毛症の原因としてジヒドロテストステロンの働きによる関与が考えられるわけですが、ジヒドロテストステロンが多い人や感じやすい人がAGAになりやすいといわれています。
後天的な引き金としては、喫煙によって増えることが指摘されていますので、AGAリスクを高める生活習慣として覚えておかなければなりません。

ジヒドロテストステロンはヘアサイクルを短縮させて髪の毛の密度を減らしますし、生えている髪の毛も弱々しくなって薄毛の状態へと変わってしまいます。
ヒゲや髪の毛を生やしたり成長させるテストステロンがなぜジヒドロテストステロンになってしまうのかというと、5αリダクターゼという酵素の働きが関係しています。
体内でテストステロンが5αリダクターゼと結びつくことにより、ジヒドロテストステロンに変化します。

つまり、酵素5αリダクターゼが関与することによって無害だったテストステロンがジヒドロテストステロンになってしまいます。
5αリダクターゼは元々頭皮の皮脂腺や毛乳頭に多く存在しています。
皮脂腺や毛乳頭には髪の毛を成長させる働きもありますので、その部分で脱毛作用を持つジヒドロテストステロンが発生すれば薄毛のリスクは非常に高まります。