本当に効果のあるAGA治療とは!?
本当に効果のあるAGA治療とは!?

密かにささやかれているAGAと筋トレの関係性

筋トレしてる人AGAは、男性ホルモンを原因とした遺伝的な問題として治療されることが一般的です。
男性ホルモンの分泌量は、その人が生まれ持った遺伝的な体質によって決まるものであるため、男性ホルモンの分泌量が多い人は自然と体毛が濃くなりますし、髪の毛が抜けやすい体質にもなります。

ただ、遺伝的な体質によって薄毛になりやすいとは言っても、全ての人が将来的に脱毛症によって悩むわけではありません。
どのような薄毛の症状であっても同様ですが、薄毛になる要因はあっても、その要因を薄毛の症状へと転換するためのトリガーが作動しないと脱毛症は発症しません。

AGAの場合では、確かに男性ホルモンが要因であることは間違いはありません。
日常生活の中で脱毛症を発症させるような外的な要因が存在しないケースでは、脱毛症をずっと先にまで引き延ばすことは十分に可能です。
例えば、食事のバランスを整えたり、日ごろの日常生活の中でのストレスを軽減することを考えることです。

食事のバランスや日常生活の疲れやストレスに関しては、AGAに限定されず様々な薄毛の症状を抑えるために有効です。
遺伝的な体質によって薄毛が進行しやすいとは言っても、それを引き起こすための行動をとらなければ脱毛症に結び付く可能性は低くなります。

例えば、AGAとの関連性に関して注目されているのが筋トレです。
筋トレが関連性があると考えられているのは、男性ホルモンの分泌が活発になって、脱毛症を引き起こすための活発な頭皮の活動を引き起こすと考えられているからです。
文字通り、上記のような例の代表的なトリガーであると述べることができます。

筋トレというのは、体内の筋線維に刺激を与えて、その後に超回復をさせることによって筋肉を増幅させる行為を意味します。
筋トレに限らず、筋トレに近い無酸素運動を続けると、筋肉を動かすためのホルモンや体内物質の活動が活発化しますので、男性ホルモンの分泌量が多くなります。
そのため、必要以上の筋トレによってAGAが進行する可能性があるというのは完全には否定できません。

特に、生まれた時の遺伝的な体質によって男性ホルモンの分泌量が多い人は、筋トレなどの運動によってさらにその分泌量が増加することになるので、脱毛作用を引き起こす物質を作る手助けをしてしまう可能性はあります。
そのため、AGA対策として筋トレを控えるという行動は、頭皮に対して一定の効果を期待することが可能です。

筋トレする人全員がハゲる訳ではない

筋トレをしながらAGAの改善やその症状を未然に防止することは、実はできないわけではありません。
そもそも、筋トレとは言っても筋肉を断続的に刺激し続ける行為がダメなのであって、有酸素運動に近い筋肉への刺激はむしろ頭皮の発毛や育毛の活性化に良いと考えられています。
筋トレというと、腕立て伏せや腹筋などの無酸素運動に近い状況を作って行われることが大半ですが、スポーツ科学が発展した現代では有酸素運動に近い状況を作って筋肉を大きくすることができるということもわかっています。

従来まで、筋トレは量をこなしてできるだけ筋線維を傷つければその後の回復によって筋肉が大きくなると考えられていました。
しかし、筋トレは量ではなく定期的な質の良い運動を継続的に行うことで大きくすることが理想であるというのが現代科学の常識です。
無酸素運動によって男性ホルモンを大量に分泌させるのではなく、質の高い動きを断続的に行うことで、質の高い筋トレを行うことが可能です。

こうした方法では、AGAの発症原因となる男性ホルモンがトリガーとなって脱毛が進行する可能性はかなり低くなります。
質の高い筋トレは、毎日行うのではなく週に2日程度で足りるので、AGA治療や未然の防止策と併用しながら続けていくことができます。
そのため、トレーニングをする人全員がハゲるわけではありません。