本当に効果のあるAGA治療とは!?
本当に効果のあるAGA治療とは!?

良く寝るということも大事!?髪と睡眠の関係

睡眠イメージ睡眠をしっかりと取ることは、体を休めたりホルモンバランスを整えるためには欠かせないことです。
22時から2時の間に睡眠を取るようにすると副交感神経が活発になり、栄養を効率的に取り込むだけでなく老廃物を排除してくれます。
さらに成長ホルモンが多く分泌されるので、皮膚の細胞分裂が活発になります。
皮膚と聞くと顔や体のお肌を想像しますが、頭皮も皮膚なので髪に関係の深い毛母細胞の生成の活発化にも関係します。
22時に眠ることが困難でも、0時には就寝する習慣をつけたいものです。

睡眠不足になってしまうと一日中スッキリとしなくて困ります。
睡眠不足をすると頭や体がスッキリしないのはサーカディアンリズムが乱れてしまうからです。
サーカディアンリズムとは、動物の体内時計のような遺伝子に組み込まれたシステムです。
太陽の光を浴びると活動を始め、沈むと眠るといった生活リズムのことです。
サーカディアンリズムは脳の松果体が管理しているのですが、睡眠不足になるとホルモン物質であるメラトニンが規則正しく分泌されなくなり眠気や倦怠感につながってしまいます。
メラトニンは睡眠を司るホルモンなので、一日のリセットが上手く出来ず成長ホルモンの分泌が減少してしまいます。
成長ホルモンの分泌が減ってしまうと髪や頭皮に悪影響を及ぼします。

睡眠時間は7時間から9時間が最適とされています。
睡眠時間が短すぎても長すぎても体へ悪影響があります。
しかし、睡眠は「時間」だけではなく、眠りの「質」も大切なのです。
睡眠のサイクルは脳が休むノンレム睡眠と体が休むレム睡眠の周期から成り立っています。
この周期は90分毎ですので、90分単位での睡眠時間が体や脳に最適なのです。
体や脳に最適なので成長ホルモンの分泌が多くなり、髪や頭皮の成長にも効果的な睡眠になります。

髪には睡眠中に分泌される成長ホルモンが大きく影響します。
しかし、睡眠時間をやたらと長く取れば良いのではなく、睡眠の時間帯や質が大切なのです。
理想的な睡眠は21時には眠り、4時か5時に起きるという太陽の日の入りや日の出に合わせた生活リズムなのです。
遺伝子に組み込まれている生活リズムを守ることで、髪に良い影響を与えることができます。
睡眠時間と生活リズムは大きな関係があり、生活リズムを守ることで成長ホルモンの分泌が促されて髪や頭皮が健康な状態になるのです。
髪や頭皮の為にも規則正しい生活で質の良い睡眠を取ることが大切です。

睡眠不足は髪のみではなく肌にも悪影響が

睡眠不足をしてしまうと、体調不良になるだけでなく髪やお肌にも悪影響を及ぼします。
睡眠不足はブスの素と言われるぐらいお肌に悪影響を及ぼす睡眠不足ですが、髪と同じで成長ホルモンが大きく関係しているからです。
成長ホルモンは新陳代謝を活発にし、髪やお肌の生まれ替わりや成長を促してくれます。
この成長ホルモンが睡眠不足で上手く分泌されなくて減少してしまうと、お肌のターンオーバーのリズムが崩れてしまいます。

ターンオーバーの崩れによるお肌の悪影響は、くすみ、吹き出物、乾燥、シワ、クマなどがあります。
お肌のトラブルを防ぐためにも、しっかりと質の良い睡眠を取る必要があります。
また、22時から2時の成長ホルモンが活発になるゴールデンタイムに睡眠を取ることも忘れないように、7時間から9時間の睡眠時間を確保したいものです。
眠り始めの3時間は特に成長ホルモンの分泌が特に活発なので、22時に眠るのが難しい人は0時までには眠るように心掛けたいです。

ゴールデンタイムは新陳代謝が良くなることで血流が活発になっています。
血流が活発なので栄養を吸収しやすくなります。
この血流が活発なことを利用して、眠る前に基礎化粧品だけでなく美容液も使ってお肌のお手入れをすると効果的です。