本当に効果のあるAGA治療とは!?
本当に効果のあるAGA治療とは!?

運動不足がハゲをもたらすかもしれない?

運動不足薄毛の人や髪の毛が少ない人のことを、「ハゲ」と呼ぶことがあります。
ハゲという表現は、あまりポジティブな響きはありません。
日本の場合、ハゲの人は女性に人気がない傾向があり、男性の多くはできることならば、髪の毛が多い状態を維持したいと考えます。

ハゲになる原因はさまざまなものがありますが、運動不足による血行不良が一つの理由になっていることがあります。
特に、歩いたり、自転車に乗ったり、泳いだりする有酸素運動は、血行を促進することが確認されており、運動不足解消が抜け毛、薄毛を予防する可能性があります。
有酸素運動によって、血行促進だけではなく、ハゲホルモンの抑制、ストレスの解消という効用があり、これが薄毛、抜け毛を防いでくれます。

ハゲないためには、頭皮に多くの血流を運ぶ必要があります。
最近は、仕事や家事に忙しい人が多く、運動不足から血行が悪くなり、髪の毛に必要な栄養や酸素が届いていないことが多くなっています。
有酸素運動を行うことで、体全体の血流が改善され、頭の先まできちんと血液が循環するようになります。
これにより、育毛を促すための栄養が届きやすくなります。

2番目のハゲホルモンとは、ジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンのことをさしています。
最近は、AGA(男性型脱毛症)という言葉をよく聞くようになりました。
AGAは、ジヒドロテストステロンが生成されることによって発症しています。

有酸素運動を行うことによって、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することができるため、ハゲを防ぐことができます。
有酸素運動によって汗をかくことで、ジヒドロテストステロンが排出され、薄毛や抜け毛の原因になる余計なホルモンを、体外に出すことができるようになります。

3番目のストレス解消は、薄毛や抜け毛予防を考える上で大変重要です。
散歩や自転車、スイミングを行うと、気分がすっきりする経験をした人は多いと思います。
これは、気分がすっきりしているだけではなく、本当に精神的なストレスが解消されていることになります。

有酸素運動を定期的に行うことで、ストレスが軽減されることは科学的にも確認されています。
仕事や家事に追われている忙しい人たちは、週に1回有酸素運動を行うことで、精神的にリフレッシュすることができ、様々なストレスから解放されることになります。
上記の理由から、有酸素運動は薄毛や抜け毛を予防してくれるため、大変重要です。

運動する時の注意事項は?

ただし、運動する時の注意事項がいくつかあります。
大切なことは、無理をしないということです。
抜け毛や薄毛を予防するために、毎朝10キロメートルのランニングを始めようとする人などが、ときどきいます。
毎日、一定時間有酸素運動をすること自体は、抜け毛や薄毛予防につながります。
しかしながら、仕事や家事が忙しい中で、毎日運動をしていくことは、続けることが難しくなりがちです。

運動に限りませんが、抜け毛、薄毛を解消するためには、時間をかけて継続して対策を行うことが大切になってきます。
週に1回か2回、30分から1時間程度ランニングやウォーキング、スイミングを行い、それを数カ月から数年間継続していくことで、薄毛や抜け毛を減らしていくことができるようになります。

また、あまりにも負荷の大きい運動になってしまうと、有酸素運動ではなく、無酸素運動になりかねません。
呼吸が荒くならない程度の運動を続けていくことが、ハゲない頭への近道になります。
また、ストレッチやヨガも血行を促進する効果があり、これらの運動を取り入れることで、薄毛、抜け毛予防効果が一層高まります。
ランニングやウォーキングを行う前に、ストレッチをすることも効果的です。