本当に効果のあるAGA治療とは!?
本当に効果のあるAGA治療とは!?

髪を失いたくない人の為のドライヤーの使い方とは

ドライヤーお風呂でシャンプーをした際に、髪の毛を乾かすためにドライヤーは欠かせない存在です。
何気なく使っている人が多いですが、実は間違った使い方をしていると薄毛の原因になるといわれています。
特に髪の毛をよく乾かすために、ドライヤーを過剰に近づけて使うことは髪に良くないです。
そもそも髪の毛が生えている頭皮には、適度な水分を保持する事で健やかな髪の毛を保っています。
しかし、ドライヤーの熱風を近距離でかけると、水分がなくなり極度に乾燥していきます。
その結果、健康的な髪の毛を維持できず、抜け毛が多くなってしまうのです。

髪をキープするためのドライヤーの使い方のコツは、まず使う時間をなるべく短くする事です。
というのも、ドライヤーをかける時間が長ければ長いほど、髪への熱によるダメージが多くなるからです。
ダメージを受けた髪は火傷した状態になり、抜けやすくなります。
ドライヤーの時間を短くするには、濡れた髪の毛をしっかりとタオルドライする事が大事です。
タオルドライで、髪や頭皮の水分の8割を拭き取り、残りをドライヤーで取るのが基本となります。

タオルドライの際は、よく水分を拭き取ろうと、無意識に力いっぱい髪を擦ったり、爪を立ててしまいがちです。
ただ塗れた髪の毛はキューティクルが開いているので、摩擦に対して弱く、簡単に剥がれ落ちてしまいます。
よって、優しく髪の水分を拭き取る事が大事です。

タオルドライをして、いよいよドライヤーの出番となります。
髪と頭皮の乾かし方のコツは、絶対にドライヤーと髪の毛との距離を15センチ以上離す事です。
過剰に近づけすぎると、髪の表面温度が高くなり、タンパク質変性を起こすからです。
髪の毛が乾燥して、不健康な状態になってしまいます。
なので、必ず15センチの距離を保つ事が大事です。

そして、乾かす際は、髪の毛を手で持ち上げて根元の方からドライヤーをかけていきます。
髪の根元の方から乾かしていくことで、その余熱や伝導熱で毛先も自然と乾かす事ができます。
この時、櫛で髪の毛を整えながら乾かすのは厳禁です。
塗れた髪の毛に櫛で大きなダメージを与えることになるので、抜け毛を助長する事になります。

髪全体の8割くらいが乾いてきたら、温風から冷風に切り替えて乾かします。
最後に冷風で乾かす事で、濡れて開いていた髪のキューティクルを収縮させられます。
その結果、ツヤのある髪に仕上げることができます。
使い方のポイントをしっかり押さえれば、健康な髪の毛を保つ事ができます。

自然乾燥がダメな理由は?

シャンプーをした後、髪の毛にダメージを与えないようにドライヤーで乾かさず、自然乾燥をする方は多いです。
ただ意外と知られていないですが、自然乾燥は薄毛や髪にダメージを与える原因になります。
美しい髪の毛をキープしたいならば、髪の毛は必ずドライヤーで乾かす必要があります。

自然乾燥が良くない理由は、髪のキューティクルが開いている状態が長く続くからです。
キューティクルは髪の栄養を守る働きがありますが、開いている事でだんだんと髪の水分や栄養分が外に流れていってしまいます。
すると、髪がスカスカになって脆くなるので、外部からの摩擦によって大きなダメージを受けやすくなります。
その結果、髪が弱くなって抜けやすくなるのです。
その点、ドライヤーを使えば、熱でキューティクルを閉める効果があるので、髪を良好に保てます。

また、自然乾燥では、頭皮に水分が残っている状態が長く続くことになります。
すると、頭皮にもともと存在している雑菌が急速に繁殖してしまいます。
その雑菌は、やがて頭皮にかゆみやニオイを引き起こし、さらに悪化することで薄毛を誘発してしまうのです。
雑菌の繁殖を防ぐためにも、髪の毛は自然乾燥ではなく、しっかりとドライヤーで乾かす必要があるというわけです。