本当に効果のあるAGA治療とは!?
本当に効果のあるAGA治療とは!?

AGAの治療にも繋がる食生活の仕方

ミネラルウォーターAGA治療に繋がる食生活は、毛髪の成長をサポートすることができる栄養素をしっかりと摂ることが必要です。
毛髪が生えるためには、当然、栄養素も必要となるため、栄養素が足らなくなってしまうとAGAの発症と進行に影響してしまう可能性があります。

AGA治療のために、食生活の中で取り入れるべき栄養素の一つとして、まず、毛髪を形成しているケラチンというタンパク質が必要で、さらに、それを形成するためにケラチンの合成をサポートするためにミネラルも必要です。
髪のためには、良質なタンパク質とミネラルを積極的に摂取することが大切です。
ビタミンB群には、摂取したたんぱく質の吸収を促し、髪を形成するためのケラチンの合成を促進させることができる作用があります。
それにより、細胞の新陳代謝の促進させ、毛髪を正常に生えてくることができるように、サポートする効果となります。
ケラチンの合成に必要不可欠な成分として、亜鉛も挙げられます。
亜鉛が不足してしまうことで、ケラチン合成が行われなくなってしまい、薄毛の原因となってしまいます。

AGAの原因となる薄毛に頭皮に悪影響を及ぼす、男性ホルモンを作り出すための酵素を抑制するための効果があるイソフラボンは、大豆の中に含まれています。
さらに、植物性のたんぱく質を摂取することができるため、大豆を食べることによって、薄毛を抑制することができます。
鉄分も、不足してしまうことで、貧血に陥り、血液によって、毛母細胞にいきわたるための栄養素の減少して、AGAを促進してしまうことになるので、頭皮に悪影響を及ぼしてしまうため、鉄分も重要です。

毛母細胞を活発化させるための作用があるのはピーナッツとなっております。
毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、髪の毛をはやしているため、その毛母細胞を活性化させることによって、薄毛を防ぐことができます。

また、アーモンドも髪の毛に必要な栄養素の一つです。
さらにアーモンドは、たんぱく質で髪の毛の成長を促すといった役割もあるため、鉄分も髪にとって、重要な成分です。
黄色野菜に含まれているビタミンAという成分には、老廃物の排出を助けて、毛穴を清潔にし、頭皮の乾燥を防ぐことができる栄養素です。
髪に良い栄養素だからといって、それだけを食べるのではなく、様々な食品をバランスよく食べるということも重要です。
タンパク質や亜鉛、ミネラルなどの成分がなかなか取れないという人はサプリメントで摂ることもお勧めです。

AGAに悪影響を及ぼす食べ物は?

AGA治療のためには悪影響を及ぼしてしまう食生活を改善する必要があります。
AGAに良くない食べ物としてまず、刺激物が強い食品です。
刺激物の多くは添加物が含まれているので食べることによって、頭皮から汗をかきやすくなり、過剰に皮脂が分泌されます。
皮脂が過剰に分泌されることになり、毛穴が詰まったり、髪におよぼしてしまいます。
カフェインが入っているコーヒーなども刺激で、さらに、カフェインには、発毛を促進させるための機能を持つ成分も破壊してしまうため、そこそこにすることがおすすめです。

次に、動物性の脂を含んだ食品や肉などの食べ過ぎによっても、皮脂の過剰分泌につなげてしまいます。
毛穴を詰まらせる原因になってしまうことと、さらに、血液中に悪玉コレステロールをため込むことで血管が老化し、さらにAGAを促進させてしまいます。
カップラーメンなどのインスタント食品は、加工食品で、塩分も高く、脂分も多く含まれているため、あまり髪にも身体にも良い影響は与えません。

お酒は少量ならばそれほど問題はありませんが、多めにお酒を飲んでしまうことで、悪影響を及ぼしてしまいます。
肝臓は髪に必要なタンパク質を作るための臓器でもあるため、お酒の飲みすぎはあまりよくありません。