本当に効果のあるAGA治療とは!?
本当に効果のあるAGA治療とは!?

AGAの治療薬にもあるジェネリックってなーに?

疑問がある男性AGA治療薬にもあるジェネリックとはどういうものかというと、一言で言えば後発医薬品のことです。
先発薬と同じ有効成分を使用している薬なのですが、「医薬品、医療機器などの品質、有効性および安全性の確保等に関する法律」という法律の基準をクリアしているものになります。
効き目や安全性に関して先発薬と変わらないと認められないと販売することは出来ません。
また、日本においては先発薬の特許が切れた後でないと販売されません。
ジェネリックという名前の由来は、英語から来ていて「一般的な」という意味を持つ単語です。
欧米では基本的に一般名で薬が処方されることからジェネリック医薬品と呼ばれるようになり、日本やその他の外国においてもその名前が広まり定着した形です。
海外では普及率が70%と日本よりも圧倒的に普及しており、当たり前の時代になっています。

ジェネリックを使用すると先発薬よりも安い価格で購入することが出来るので、AGAの様に継続的に服用を続ける必要がある薬の場合は特にその良さが実感しやすくなっています。
では、なぜ安い価格になるのかですが、新薬の商品開発というのは膨大な時間と費用がかかるものです。
概ね10年以上は開発にかかると言われているのですが、ジェネリックの場合はすでに有効性や安全性が確認された有効成分がある状態で開発されます。
したがって、開発にかかる期間が3年から5年程度と、半分から場合によっては10分の1程度で開発が終了してしまうのです。
当然、それだけ期間が短かければ開発に必要な費用も大幅に安く済みますので安価に設定されているのです。
新薬の方に関しても、20年から25年は特許期間が認められるので、一定期間は独占的に販売することが出来ます。
AGA治療薬にはジェネリックがありますが、すべての薬にジェネリックがある訳ではないので、事前に調べるか、医師や薬剤師に自分の使っている薬にジェネリックがあるかどうかを確認する必要があります。

どのようにして購入するかですが、基本的に処方してもらう薬になりますので、医師に相談してみるというのが基本です。
また、処方箋に変更不可にチェックが入っていなければ薬剤師の方で変更してもらうことも可能です。
いずれにしても医師か薬剤師への相談は必須です。
言い出しにくい場合は、自治体や健康保健組合から配布されることが増えてきた「お願いカード」や「お願いシール」を出すことで簡単に伝えられるようになってきています。

ジェネリックのメリットとは!?

ジェネリックのメリットはどこにあるのかですが、まずは何と言っても安いということです。
同じ有効成分を使用しているのに、薬価が2割程度のこともあります。
1回の処方であれば大したことのない金額になるかもしれません。
AGA治療のように毎日服用し続ける薬の場合であれば、1ヶ月分が数百円だったとしてもトータルではかなりの差が出てきますのでランニングコストを大幅に下げることが可能です。

また、ジェネリックは後発薬なので先発薬にはない様々な工夫が施されていることも多くあります。
大きな錠剤だったのが小さな錠剤になったり、苦くて飲みにくかったものをコーティングし飲みやすくしたり、錠剤の形が変わったりなどの工夫はよくあるものです。
水無しで飲めるタイプの錠剤になったり、シロップタイプになったり、飲み込むのが難しい患者にとってもジェネリックによって服用することが出来るようになったというケースは少なくありません。
また、ジェネリックを活用することは個人だけではなく国の財政にとってもメリットが大きいです。
AGAの治療には基本的に保険適用はありませんが、一般の病気などに関してはジェネリックにすることで医療費の圧迫を抑える効果が期待できるのです。