本当に効果のあるAGA治療とは!?

本当に効果のあるAGA治療とは!?

AGA治療薬を使用した方法

若い男性男性の薄毛の大部分を占めているAGAは、基本的には遺伝により受け継ぐ体質の一種で、健康面に悪影響を及ぼす心配はありません。
これは、一般人よりも屈強な肉体を持つ有名アスリートの中に結構な割合でAGAが発症していることからも一目瞭然です。

ただし、AGAの日本人男性における発症頻度は約30パーセントと半数未満であり、20歳代に限定すると約10パーセントと完全に少数派に属しています。
このために、若い時代に発症するとかなり目立ってしまい、周囲と同じようなヘアスタイルを決められないなどの様々な不利益を被ることになります。
特に、異性からの評価はシビアなものとなるので、恋愛や結婚に全く何も影響しないというわけにはいきません。
このように、若い時代に発症すると笑いごとでは済まないケースも考えられるAGAですが、既に治療薬が開発されているので、進行を防止することは高確率で可能となっています。
この治療薬は、アメリカで開発されたfinasterideという成分の1mg錠で、プロペシアという商品名で提供されています。

プロペシアについて

プロペシアプロペシアはAGAの治療に使われる薬の中でも有名です。 1年間の臨床試験を実施した後に、2,005年の10月に厚生労働省に承認されています。
内服薬ということから飲む育毛剤とも呼ばれていますが、髪の毛に対しての直接的な効果はありません。
ただし、その効果は今までのアイテムよりもかなり強力で、厚生労働省が実施した臨床試験によると、軽度改善以上の割合が全体の58パーセント、不変以上の効果は全体の98パーセントの被験者に確認されています。

なお、プロペシアの作用機序は、AGAの原因物質の生産に関与しているII型5α-reductaseという還元酵素を阻害するというものです。
これにより、原因物質の生産が抑制されるので、髪の毛のヘアサイクルが自然な状態に回復することになります。
これが、髪の毛に対して直接的な作用がないにも関わらず、薄毛の進行が高確率で止まったり改善する仕組みです。

プロペシアよりも効果が高いAGA治療薬

このプロペシアよりもさらに強力な効果を期待できるのが、2,015年の9月に厚生労働省に承認されたAGA治療薬のZAGALLOです。
こちらは、Dutasterideという成分の0.1mg錠と0.5mg錠で、より効率的にDHTをブロックすることから究極を意味するZを名前の頭文字に使っています。

ちなみに、このAGA治療薬の作用機序は、5α-reductaseの酵素活性を阻害するという点ではプロペシアと同じです。
ただし、プロペシアは生え際から頭頂部にかけての毛根内部に存在しているII型に対してのみ作用するのに対して、ZAGALLOは皮脂腺に分布しているI型の5α-reductaseの活性も阻害します。
これにより、プロペシアを使用して効果が得られなかったという人でも、こちらの治療薬であれば薄毛を改善できる可能性があります。
なお、これらのDHTの生産を抑制するという治療薬だけでは、髪の毛を増やすという効果は十分には得られません。
このために、薄毛が進行している場合は、これらに加えてミノキシジルという成分を配合した外用タイプの治療薬も使用されています。

クリニックを受診してみる

人気ミュージシャンのテレビコマーシャルでも繰り返し宣伝されているように、AGA治療はクリニックでも行われています。
これは、プロペシアが厚生労働省に承認された2005年から本格的に始められたものであり、AGA治療薬の処方が中心です。

現在では、個人輸入代行業者を利用するなどの方法で、クリニックにいかなくてもAGA治療薬を入手することが出来ます。
プロペシアを通販する際には、評判のいい個人輸入業者をしっかり選び偽物を取り扱っていないところで購入をしてください。
クリニックでわざわざ受診する必要はないようにも思えますが、実際には様々なメリットを享受することが出来ます。

まず、プロペシアとZAGALLOは原因物質DHTの生産を抑制するという抗アンドロゲン薬で、AGA以外の脱毛症に対しては何の効果もありません。
このために、クリニックでは、家族の薄毛歴を尋ねる問診や、生え際から頭頂部にかけての髪の毛の状態を視診により確認した後に、AGA治療薬を処方するというのが基本的な流れです。
これは、AGA以外の脱毛症に処方しないようにするためで、場合によっては遺伝子検査まで実施されます。
これは、個人輸入代行業者を利用して購入する方法では確認できない部分で、適応症にのみ治療薬を使用するという治療の基本に基づいた内容です。

さらに、クリニックによるAGA治療は安全性という点においても優秀で、その時々で適切な指導を受けることが出来ます
このために、性機能の低下や意欲の減退など一部で報告されているAGA治療薬の副作用が仮に発症した場合でも心配する必要はありません。
また、現在のクリニックでは治療薬の処方以外のAGA治療を用意しており、あらゆる状態からの回復が可能です。
ちなみに、その中で最も効果的なのが、イギリスのプレミアリーグで活躍しているW・ルーニー選手が2度にわたって実施した自毛植毛という治療です。

自毛植毛治療について

この自毛植毛という治療は、後頭部の髪の毛の毛根組織を採取して、薄毛部分に移植するという手術療法の一種です。
世界全体で1年間に約220,000件が実施されており、そのうちの10パーセント以上は女性の薄毛を対象としています。
これは、移植できるだけの毛根組織が残っていることのみが条件で、年齢や性別、薄毛の原因などは関係がないからです。
つまり、自毛植毛はAGAの専門治療ではないということですが、相性は非常に良好です。
何故なら、AGAは生え際から頭頂部にかけての部分に薄毛が集中するのが特徴で、かなり進行した状態でも後頭部の髪の毛はフサフサのまま残っているというケースが少なくないからです。
このために、このフサフサの髪の毛の毛根組織を移植することにより、薄毛を改善することが可能です。

ちなみに、自毛植毛の移植による定着率は平均で82.5パーセント以上と高確率で、臨床経験の豊富なドクターであればさらにこれよりも高い数字を期待できます。
毛根組織が定着すると毛母細胞の分裂により、新しい髪の毛が成長することになります
このように、クリニックによるAGA治療は様々な内容のものを用意しており、薄毛の進行具合によって適切な提案が行われています。
このために、思い切って受診することにより、展望を切り開くことが可能となります。

無料カウンセリングも受けれる

国内でAGA治療が本格的にスタートしてから既に10年以上が経過しているので、薄毛の改善に成功した人はかなりの数にのぼると見て間違いありませんが、残念ながら情報量は十分ではありません。
何故なら、デリケートな問題ということで、治療を受けた人の全てがオープンに振る舞っているわけではないからです。

また、民間で行われていた薄毛治療の中には効果が得られないにも関わらず高額を請求するという荒唐無稽なものも存在していたので、これらと混同したイメージを持っているというケースも考えられます。
このために、スタートしてから年数が経過しているにも関わらず、AGA治療に二の足を踏んでいる人も少なくはありません。

AGAの進行にも治療期限がある

なお、このように悩んだまま時間が経過していくと、効果が得られないというケースが起こり得ます。
これは、現在のAGA治療は実はタイムリミットが付いているからです。
これは、AGA治療薬と自毛植毛の両方に共通しており、治療を開始するのが遅れてしまうと元の状態にまで回復させることが出来なくなってしまいます。
何故なら、AGAの原因物質DHTには、皮脂の分泌量を過剰化するという作用があるので、年数が経過するに従い毛根が塞がれて機能を失ってしまうからです。
プロペシアやZAGALLOには、毛根の機能を回復させるような効果はないので、このような状態にまで進行した場合は現状維持がせいぜいということになってしまいます。
なお、一応の目安としては、発症してから10年間と言われています。

また、AGAは生え際から頭頂部にかけての部分に集中するのが特徴ですが、後頭部は全く無関係というわけではありません。
これは、どのような仕組みによるものかは完全には解明されていませんが、後頭部まで薄毛になるというケースは起こり得ます。
すると、移植できる毛根組織が少なくなるので、最後の砦である自毛植毛を実施することが出来なくなります。
ちなみに、健康的ではない毛根組織を無理に移植しても、十分な効果を得ることは出来ません。
しかも、クリニックで行われている自毛植毛は、移植する本数により金額を設定しているので、効果が得られなくても費用は掛かってしまいます。

このように、発症してから時間が経過するごとに改善するのが難しくなるAGAは、出来るだけ早く行動しなくてはならないのです。

無料カウンセリングを行っているクリニックが安心

全てのクリニックがハイレベルな治療を実施しているわけではないので、どこで受けても同じというわけにはいきません。
このために、信頼できるクリニック選びが成功するためのポイントとなります。
なお、信頼できるクリニックを見つける上での目安となるのが、無料カウンセリングを実施しているということです。
治療の内容や費用についての疑問や不安を改善してからスタートできるので、失敗するリスクは少なくなります

さらに、無料カウンセリングを受けた後のクリニックの対応も非常に重要なポイントです。
ここで、強引に勧誘されるような場合は余裕がないと考えられるので、避けた方が賢明です。
このために、安易に決めてしまうのではなくクリニック選びにも根気が必要で、気軽に申し込める無料カウンセリングを実施しているということが最低限の条件です。
そして、そのように理想的な無料カウンセリングを実施している中から、治療を受けるクリニックを選択するのが適当ということになります。

効果がなかった・・・とあきらめるその前に

諦めてる男性AGAは、思春期以降に徐々に進行し、日本人男性の場合は20歳代の後半から30歳代にかけて著名になるのが一般的です。
つまり、時間をかけて進行するということで、治療により回復するのも時間がかかります
これは、無料カウンセリングを実施している信頼度の高いクリニックで治療を受ける場合でも同じで、短い期間で薄毛が改善するということはほとんどありません。
かなり、根気がいるということも認識しておく必要があります。

これは、髪の毛が伸びるスピードが健康な状態であっても、1か月に1センチメートル前後であることも関係しています。
薄毛が改善したということを目で見て確認するためには、少なくとも5~6センチメートルの長さが必要で、数か月程度の時間が最低でも必要です。
なお、AGAはヘアサイクルが狂わされていることにより進行する症状で、短いままの状態での抜け毛が多いのが特徴です。
これは、髪の毛の寿命が通常よりも短いために、十分に成長することが出来なくなっているからです。
治療薬により改善するためには、この短い寿命を元の状態に戻さなくてはならないので、この分の時間がかかってしまうことになります。

このために、治療を開始してもしばらくの間は手ごたえを感じることはほとんどありません。
逆に、治療を受ける前よりも短い毛が抜ける割合が多くなることもあります。
これは、休止期や退行期の髪の毛が一挙に抜けてしまうからで、ヘアサイクルが正常化する際に起きる一時的な現象です。

この一時的な現象を乗り越えることにより、ヘアサイクルが正常化して薄毛が改善することになります。
このために、育毛は継続して行なうことが大切なのですが、短い毛が大量に抜けたということで驚いてしまい、治療を中断した場合は何もなりません。

このようなAGA治療をスタートしてから薄毛が改善するまでの流れについては、無料カウンセリングで確認しておくのが適当です。
これにより、短い抜け毛が増加しても不安になることはないので、必要以上に根気を使う必要もないからです。
逆に言うと、無料カウンセリングにおいて薄毛が改善するまでには根気がいるということや、短い抜け毛が一時的に増えるということを教えてくれるクリニックは信頼度が高いということです。
この辺りについて、しっかりとした知識を持っているのといないのとでは成功する確率に大きな違いが生じてしまいます。

AGA治療には適切な内容のカウンセリングを受ける

ちなみに、AGA治療薬のプロペシアの臨床試験を継続した非ランダム化比較試験では、2年間で軽度改善以上の割合が68パーセントに、3年間で78パーセントに増加しています。
つまり、根気よく続けていくことにより、改善する確率は高くなるのです。
このために、短い期間で諦めてしまうのは、適当ではないことを数字でも証明しています。

このように、本当に効果のあるAGA治療を受けるためには、適切な内容の無料カウンセリングを実施しているクリニックを選択したうえで、自分自身も症状についての正確な知識とある程度の期間我慢できる根気とが必要となります。
自分自身の症状については、頭皮のかゆみが見られたり、抜け毛が目立つようになってきた時点でカウンセリングを受ける必要があります。
頭皮のかゆみは我慢しないで専門のクリニックで診察を受けましょう。
これらの内で一つでも欠けていた場合は、満足できる状態にまで回復できない可能性が高くなります。
たとえば、無料カウンセリングがおろそかなクリニックであれば、根気をもって治療に取り組もうという気持ちにはならないので、短い期間で中断するケースが多くなります。
また、無料カウンセリングが万全であっても、数か月間我慢できる根気が足りない場合は同様に失敗してしまいます。
このために、根気をもって継続するには正確な知識が必要で、AGAについて学習したうえで治療を受けることが成功するための秘訣です。